携帯キャリアごとのセット割まとめ

光コラボを比較するときに料金や入会特典に注目するのは大切です。しかし、それ以外にも一部の光コラボ事業者限定で料金がお得になることがあります。

 

それは携帯キャリアとのセット割です。光コラボを契約期間中は所定の金額が毎月携帯の通信料金から割引されるというものです。

 

ここでは通信キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のセット割に対応している光コラボ事業者をまとめて一覧にしました。

 

光コラボ事業者とどれを選んで良いか分からない、家族で携帯キャリアをまとめている人は必見です。

ドコモのセット割に対応した光コラボ事業者

光コラボ事業者 セット割引額
ドコモ光 500円~3,000円
U-Pa!forドコモ光 500円~3,000円

ドコモのセット割の特徴は、携帯の料金プランによって割引額が異なることと割引対象は1つのプランに対してのみです。したがって、家族でドコモ回線を複数持っていても割引は1回線のみとなります。

 

割引額が1,000円を超えるにはデータLパック(月8GB)やシェアパック10(10GB)などの高いプランであることが条件になります。

 

正直に言ってしまえばドコモ光のセット割の内容はショボいです……

 

家族でシェアパック15以上のプランに加入していない限りはあまり加入するメリットが無いと言えます。

auとのセット割に対応した光コラボ事業者

auとのセット割と言うとKDDIが回線事業者になっているauひかりやCATVや電力系しかないと思われるかもしれませんが、実はフレッツ光回線を利用した光コラボでも対応している事業者が存在します。

光コラボ事業者 セット割引額
So-net光 500円~1,200円

現在はSo-net1社のみです。割引額は500円から1,200円となります。割引対象は1回線のみです。

auひかりの割引と比べると…

正直auひかりが1回線につき1,480円割引になるのと比べてしまうとかなり見劣りします。しかし、auひかりはエリアが狭いので、住んでいる場所がauひかりエリア外であることが多いです。

 

auひかりのエリア内で工事が面倒でなければ、auひかりの方を私はおすすめしますが、フレッツ光しか使えない場所で使っている携帯電話がauならSo-net光をおすすめします。

SoftBankのセット割に対応した光コラボ事業者

光コラボ事業者 セット割引額
SoftBank光 500円~2,000円

光コラボでセット割があるサービスではSoftBank光のセット割が一番優秀です。

 

他の割引サービスが対象回線は1回線のみですが、最大10回線まで適用できるので大家族でも大丈夫です(笑)

携帯セット割で選ぶならSoftBank光以外は選外?

ドコモもauも割引になるのが1回線のみであることとスマホや携帯の料金プランによっては割引額が500円と他の光コラボを選んだ方が結果的にお得になることが多いです。
例:ドコモ光はマンションタイプで月4,000円ですが、excite光は月3,360円なので、割引額が1,000円以上ないとお得にはなりません。

 

対してSoftBank光の割引額こそ同じですが、割引対象回線上限数が10回線まであるので、家族でSoftBankを使っていればかなりお得になります。

 

比較するならやはりトータルコストでみることが大事なので、携帯がドコモやauという人はまずは携帯の料金プランを確認してセット割の割引額と月額料金を見て光コラボを決めた方がいいです。